ビザラン規制法

ビザラン規制法

タイは一時期バックパッカーの聖地として世界中からバックパッカーが集まった時期がありました。
低予算で長期滞在し、ビザの期限が近づくと隣国へと出国し、再度タイに入国するビザランと呼ばれる手法で延々と住み続けるバックパッカーも珍しくありませんでした。

長期滞在を繰り返し、違法就労したりして大人の就労機会を奪うなどの行為はタイの社会問題に発展し、2014年にタイ国会で「ビザラン規制法」が制定されました。

規制される長期滞在

ビザなし観光は、ビザなしで30日間の滞在を認めています。またタイ国内で一回の延長の手続きを取ることができ、最長60日までタイに滞在することができます。

こうした長期滞在に対する入国審査でのチェックも厳しくなっております。
年間通算の滞在日数が多いと入国審査官が「次の入国には正規のビザを取得してください」と指導するか、最悪の場合入国拒否される場合もあるようです。

入国回数も

滞在日数と合わせ入国回数も問題となる場合があります。

入国回数が多いと、入国審査官からタイで違法に仕事をしているのではないかとの質問を受けることも多いようです。

O/I

入国審査官が審査の結果、入国回数が多い、滞在日数が多い、と判断するとビザ取得の指導の上パスポートの入国スタンプの横にO/I(Out In)と書き込む場合があります。この書き込みがある場合は次回の入国前にタイ国大使館で正規のビザを取得しましょう。

入国拒否

入国審査官は強い権限を持っています。場合によっては入国拒否となる場合もあります。この場合は入国できずに、帰国便に乗って帰国となります。

ビザラン規制法” に対して1件のコメントがあります。

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

オーバーステイ