コロナ禍の中でのタイランドエリートメンバータイ優先入国

2020年8月19日、タイランドエリートメンバーのタイ入国が正式に認められました。
現時点での入国な流れについてご説明します。

*タイは2020年9月現在、原則的に外国人の入国を禁止しております。タイランドエリートのメンバーは入国を認められましたが、検疫上の理由から厳密な検疫プログラムに則った手続きが必要です。ご理解とご協力をお願いします。

メンバーコンタクトセンターに連絡
まず、メンバーコンタクトセンターに入国の希望をお伝えください。
TEMーQ(タイランドエリートメンバー検疫プログラム)の入国申請書にご記入、署名をいただきます。
また提携先のASQホテルの予約も承ります。ASQホテル予約は約20日ヵ所のホテルから第5希望までご記入ください。
書類は、タイ国外務省、在日タイ国大使館に送られます。
タイランドエリートビザをまだ受給していない方はMCCにお申し出ください。
タイ国大使館で受け取りができるよう手配いたします。
パスポートにはタイランドエリートビザと6ヶ月以上の残存期間が必要です。

*まだタイランドエリートビザを受け取っていない方は、まずタイランドエリートビザの受け取りから始めてください。
タイ国大使館
メンバーコンタクトセンターからの書類で、入国希望の確認が準備できますと、メンバーは入国のための準備を進められます。
まずは、チャーター便の予約から進めてください。
その後、必要書類の準備を進めてください。

必要書類
入国許可証(COE)
記入済みの申告書 (原本)
英文の搭乗可能健康証明書(原本)
渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書 (原本)
新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万米ドル英文医療保険証
ASQホテル予約確認書

*現在タイ入国を認められている旅客機はタイ国大使館のチャーター便と手続きをしたプライベートジェットのみです。
*タイ国大使館では、ホームページでチャーター便の予約開始を順次発表しております。予約開始は予定日の10時です。
タイ入国
スワンナプーム空港では、新型コロナ対応のための各種の検査が行われます。
入国後は予約したASQホテルの送迎の車でホテルに直行していただきます。
ASQホテルでは、ホテルの規則に従って、入国した日を”0”として14日間の滞在をしていただきます。
隔離を経て健康が証明されますと、それ以降はタイ出国の日まで普通に生活していただけます。

*ASQホテルでは一定の検疫プログラムに基づいてお過ごしいただきます。
*最初の3日間はお部屋から出ることができません。4日目からはホテル内で決められたエリアまで移動できます。

コロナをカバーする保険

必要書類にはコロナによる治療費をカバーする保険も含まれております。
保険金額10万ドル以上で、英文の証明書も必要です。

当センターではタイランドエリートメンバー限定のお手頃料金で簡単に加入できて、英文の証明書もすぐに発行される保険をご紹介しております。必要な方は当センターにご連絡ください。

タイランドエリートビザの受給について

当面の間タイランドエリートビザの受け取りは在京タイ王国大使館とタイ国内の入国管理事務所となります。入国時スワンナプーム空港での受け取りは休止とします。

新メンバーの方、タイランドエリートビザをまだ受け取っていない方は、当タイランドエリートインフォメーションセンターにご希望をお知らせください。

ビザの発給は、運営国営企業から、タイ王国外務省、を経て在京タイ王国大使館と言う流れとなり、約2週間前後の期間が必要です。

ビザの受け取りには6ヶ月以上残存期間のあるパスポートが必要です。

ご注意

14日間の隔離に同意いただけて、タイ政府のプログラムに同意し、協力できるメンバーのみ、このプログラムに参加できます。
タイ王国大使館・領事館に対し、礼儀を欠いた対応の方はCCSAの指針に従うことが難しいものとして承認のチャンスは低くなります。
この件に関する問い合わせなども同様とします。

TIC

タイランドエリートのお問い合わせは
フリーダイヤル:0120-859-777
日本国外から:+81-503-521-0296

お問い合わせフォーム