タイ最強のビザ タイランドエリートビザ

タイ長期滞在が困難な理由

タイでは2014年に「ビザラン規制法」が成立し、ビザの期限が来ると近隣の国へ出国し、ビザを再取得してタイに再入国する行為を”ビザラン”として規制するようになりました。

この頃からビザの発給やビザなしでのタイ入国にも変化が出るようになりました。

例えば、隣国へ出国して再入国したスタンプがパスポートに残っていると、タイ国大使館でビザ申請する際にビザランかどうかを厳しく質問されたり、シングルビザは発給されるものの、マルチプルビザはなかなか発給されなくなったり、ビザなし観光でも、入国審査でパスポート状に頻繁な入出国履歴があったり、通算のタイ滞在日数が多いと、次の入国の際には正規のビザを取得してください、と指導されることも増えてきました。

また、オーバーステイには厳しい罰則が設けられ、短いオーバーステイには罰金が課せられ、90日以上のオーバーステイには一定期間の入国禁止が申し渡される例も出てきました。

各ビザの特徴

タイで長期に滞在しようとするとビザが欠かせなくなっていますが、では各ビザでの滞在はどのような感じでしょう?

入国ごとの
滞在許可
期限備考
観光ビザ60日3ヶ月
シングル
連続の申請は受理されない可能性もあります
就労ビザ90日3ヶ月同時にワークパーミットも必要です
教育ビザ90日3ヶ月
リタイアメントビザ90日3ヶ月

通常のビザでは、入国の際に許可される滞在日数が短く、また、シングルであるため、長期滞在のためにはビザを繰り返し申請しなければなりません。

タイランドエリートビザの特徴

タイランドエリートビザは外国人のタイ長期滞在を実現する最強のビザとして人気が上がっております。

入国ごとの
滞在許可
期限備考
タイランドエリートビザ1年5年マルチプル
10年メンバーは2回受給可能
20年メンバーは4回受給可能

タイランドエリートビザの場合は、毎回入国のたびに1年間の滞在許可が出ます。
また、マルチプルエントリーであるため、何回でもタイに入出国が可能です。