タイに長期滞在できるビザ

日本とタイの間では、本来日本人は何度でも入国できるビザ免除の取り決めが存在します。しかし、制度を悪用して、長期滞在を図り、不法終了をする行為を取り締まるためにタイ政府では2004年にビザラン規制の法律を制定しました。これにより、通算のタイ入国の回数が多かったり、近隣諸国への入国記録があったりする入国者には、入国審査官の判断により、ビザ取得勧告が出されるようになりました。この勧告に従わない場合は、入国拒否や、長期の入国禁止を申し渡れる場合もあります。

また、長期滞在するビザも年々取得しにくくなっております。特に50歳以下の場合は、非常に難しいようです。
そんな中、年齢に関係なく長期滞在が認められるビザがあるのをご存知ですか?

タイ国政府が運営する国家メンバーシップ ”タイランドエリート” がそれです。”タイランドエリート”のメンバーは最長20年の居住が認められます。
このビザは、”タイランドエリート”メンバーのために作られた特別のビザで、5年間のマルチプルビザ(更新可能)となっております。
特徴としては、

  • 1回の入国につき1年までの滞在が可能(延長も可能)
  • 90日リポートもメンバーサポートが代行
  • 最長20年までのタイ滞在が可能

また、そのほかに、入出国時の空港での特別待遇、無料送迎、政府コンシェルジュ、バンコク銀行での口座開設サポート、無料ゴルフ、無料健康診断、無料スパなどなど、多数の得点がご用意されています。

エリートプリビレージアクセス

エリートプリビレージアクセス

 

関連記事

ページ上部へ戻る