タイのビザラン規制について

タイ ビザ

タイのビザラン規制について

最近ビザラン規制についてのご質問を受けることが増えました。
ビザラン規制については、細かな条件の公式な発表はされていませんが、把握できた限りでお伝えします。
タイ政府はタイ国内に長期滞在するビザラン行為に対する取り締まりを強化する法律を2014年に国会で制定しました。
この法律では、特に近隣諸国への出入国を繰り返す行為に対してのビザ取得勧告が決められたようです。回数としては年間4回の入出国(つまり2回の入国)以降はビザの取得を勧告する方針のようです。
ビザランではなくても、タイを含む近隣諸国への入国履歴がパスポートで確認されると、この勧告を受ける場合も多いようです。
勧告を受けるとパスポートに”O-I”と書き込まれると同時に入管のコンピューターにも記録が残りますので、勧告に従ってビザを取得せずに再度ビザなしでの入国を試みると、最悪の場合、入国拒否などの処分を受ける場合もあるようですので、ご注意ください。
タイランドエリートのメンバーになりますと、5年マルチプルビザを、電話するだけで、面倒な手続きなしで発給を受けることができます。

タイランドエリートメンバーには5年から20年のマルチプルビザが発給されます。
1回の入国に際し1年(延長も可能)滞在が認められ、90日レポートもメンバーサービスが代行します。
マルチプルビザですので年間何度でも入出国が可能です。
ビザの申請はメンバーコンタクトセンターへの電話またはメール一本でスムースに行えます。

関連記事

ページ上部へ戻る