タイの入国審査でビザ取得の指導を受ける理由

タイ5年マルチプルビザ

タイの入国審査でビザ取得の指導を受ける理由

日本とタイの間にはビザ免除の取り決めがあります。日本人の観光には基本的にビザが不要で30日間の滞在が可能です。
しかし、2014年にタイに新法律ができてから状況が変わりました。
その新法律について解説します。
タイは、低予算で長期滞在をするバックパッカーに人気の国でした。こうしたバックパッカーはタイに住み着き、違法に就労し、滞在期限が近づくと近隣諸国に入出国を繰り返し、長期滞在するためタイでは社会問題となっておりました。こうした”ビザラン”と呼ばれる行為を排除するために作られたのが”ビザラン規制”に関する法律です。
この法律は、外国人の入出国は年間4回まで(入国、出国を一回ずつカウントし合わせて4回)とされ、つまり3回目の入国には入国審査の際に、次の入国にはビザを取得するようにと指導されるという内容です。この指導は全員にされるわけではなく、入国審査の際には過去の近隣諸国への入出国履歴なども合わせて検査され、入国審査官の判断で指導がなされるようです。
また、一時は陸路での入国に指導が多かったようですが、最近は空路での入国にも審査が厳しくなっている模様です。

タイランドエリートメンバーには5年マルチプルビザ(最長20年)が発給され、年間何回でも入出国でき、一回の入国につき1年まで(延長可能)の滞在が認められます。
また、入出国時には特別待遇での入国審査も認められており、入出国で混雑する国際空港もVIP待遇で通過できます。

関連記事

ページ上部へ戻る