海外移住

海外移住

海外移住が注目を浴びている今日脚光を浴びている国がタイです。

気候が良く、食べ物もおいしく、日本人に好感を持つタイ人が多い、など様々な理由からタイへの移住を希望なさる日本人が急増しています。
インターネットの普及とIT技術の発達で、タイにいても仕事に支障が起きないのも一つの理由かと思われます。
タイのネット環境は実は発達していて、料金も安く、ストレスをまったく感じずに接続が可能です。

海外でのノマド

海外移住

海外移住

IT技術の進歩はオフィスは固定のものという概念を大きく変えました。
ネット環境があればどこでも仕事ができ、高い国際電話も使わずに通話できるようになりました。
こうした状況は30代、40代のノマドワーカーの拠点の選択肢を大きく広げました。
気候が良く、食べ物も美味しく、生活費も安上がりなタイはこうしたノマドワーカーにも人気の国です。

非居住者という選択肢

年間180日以上居住で非居住者という選択肢を選ぶ人もいらっしゃいます。
そのためにはビザが必要となります。

長期滞在に必要なビザ

日本人の観光には最長30日までのビザなし入国が認められています。
パスポートの残存有効期限が6ヶ月以上と帰国のチケットがあれば入国が可能です。

ビザラン規制

上記のような短期間滞在の期限が迫ると、近隣の国へ出かけ、再入国を繰り返す人も中にはいます。
バックパッカーなどでこうした行為を繰り返してタイに長期滞在し、不法就労をする人が増えて、タイの社会問題となってきました。
タイ国会では2004年にビザラン規制の法律が制定され、年間4回を超える入出国には入国管理官の判断で、次の入国にはビザを取得するようにとの指導が行われるようになりました。

タイランドエリートメンバーの最長20年のビザ

タイビザ

タイビザ

タイランドエリートのメンバーには無条件で5年マルチプルビザ(メンバー期間に応じ延長)が発給されます。
このビザの特徴は、
1 年間何回でも入出国が可能
2 一回の入国につき1年までの滞在が可能(延長も可能)
また、すべての外国人に義務付けられている90日レポートもメンバーサポートが代行いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る