タイ ロングステイ

タイロングステイ

タイにロングステイを希望なさる方からよくご質問をいただくのがビザの問題です。

日本の旅行者には30日の滞在が認められておりますが、それ以上の滞在にはビザが必要になります。

現在タイが発行するビザには数種類あります。

タイランドエリートメンバーには、最長20年の滞在が認められる5年マルチプルビザ(メンバー期間に応じて延長が可能)が無条件で発給されます。

また、すべての外国人に義務付けられた90リポートもメンバーサポートが代行します

ー以下はタイ大使館サイトからの引用ですー

観光ビザ

観光ビザの有効期間はシングルエントリーは3カ月間、ダブル/トリプルエントリーは6カ月間
観光ビザのそれぞれの滞在期間は60日以内そしてタイ入国管理事務所において延長許可申請ができる。

観光ビザ申請料 シングルエントリー 4,500円 / ダブルエントリー 9,000円 / トリプルエントリー 13,500円

申請に必要な書類

1. 有効な旅券 (有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が1ページ以上あるもの)

2. 申請書 全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

申請書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

3. 申請者カラー写真1枚(3.5×4.5cmサイズ)*申請書に張り付けてください

4. 日本国籍以外の申請者は在留カードのコピーまたは外国人登録証明書コピー。また申請時に原本を提示(有効期限が3ヶ月以上あるもの)更新中の方は、入国管理局が発行した在留期間更新許可申請の申請受付票のコピーを提出すること(申請時に原本を提示)

5. 航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要

6. 経歴書全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

経歴書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

7. 日本国籍以外の旅券所有者は身元保証書原本と保証人の署名入りの旅券または運転免許書のコピーを提出すること

**身元保証人は20歳以上で正規日本居住、申請者の氏名、年齢、身体的特徴そして個人情報などの個人的特性」を確認することができること、そして大使館から連絡ができること。

身元保証書(Guarantee letter) ダウンロードは こちら

身元保証書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

8. 銀行残高証明書原本 少なくとも一人20,000バーツ、家族で40,000バーツ以上を証明

9. 詳細な行程表もしくはタイへの渡航の目的を説明した文章

10. その他の必要書類書類

A. 職業を証明する書類

a. 会社員 ① 在職証明書原本、② 休職(休暇)証明書原本、③ 会社登記簿謄本原本

b. 会社経営者、自営業 会社登記簿謄本原本

c. 学生 学校発行の在学証明書原本

d. 年金受給者 年金証書原本及びコピー、受給年金額がわかる書類

e. 主婦 婚姻証明書(戸籍謄本)及び 配偶者の旅券コピー、在留カードまたは外国人登録証書、

f. 20歳以下の子供 戸籍謄本または親と子の関係がわかる書類、保護者の英文身元保証書原本と正式な署名をした保護者の旅券のコピーまたは免許証のコピー 身元保証書(Guarantee letter)

B. その他

g. ホテルの予約確認書

h. タイの保証人からの手紙 (該当する場合)

i. タイの保証人の身分証明書写し (該当する場合)

j. タイの保証人の労働許可証写し (該当する場合)

身元保証書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

11. 大使館は外国語の書類をタイ語または英語に翻訳を要求することがある。それらの書類は日本または書類発行国の所轄省庁で認証を受けること。

12. 日本国籍以外の申請者

以下の国籍の旅券所持者は、下記の書類のコピー2部を申請時に提出して下さい。

書類;

1. 申請用紙

2. パスポート

3. 在留カードコピーまたは外国人登録証明書

4. 詳細な行程表もしくはタイへの渡航の目的を説明した文章

5. タイ滞在中に宿泊する全てのホテル予約確認書

詳細はタイ王国大使館にご確認ください。

ノンイミグラントBビザ

タイに業務で3年滞在するためのビザです。
数次ビザで複数回入出国が可能です。

(以下は、在日タイ大使館サイトから転載)

申請者本人申請。
滞在目的は業務で3年間のマルチプルエントリー。
3年ノンイミグラントB所有者の滞在は1回の訪問につき90日以内。いかなる種類の雇用も禁止。
3年ノンイミグラントBビザ 申請料   マルチプルエントリー 44,000円
大使館は面接を要求する場合がある。ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてること。

申請に必要な書類

1. 有効な旅券

2. 申請書 全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

申請書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

3. 申請者カラー写真1枚 (サイズ 3.5×4.5cm)*申請書に張り付けてください

4. 日本国籍以外の申請者は在留カードのコピーまたは外国人登録証明書コピー。また申請時に原本を提示(有効期限が3ヶ月以上あるもの)更新中の方は、入国管理局が発行した在留期間更新許可申請の申請受付票のコピーを提出すること(申請時に原本を提示)

5. 航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要

6. 経歴書全ての欄を記入し、申請者が署名したもの

経歴書はパソコン上でタイプすることができます。

必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。

大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。

手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

7. 申請者の日本での事業または終身雇用そしてタイへの頻繁な渡航の必要性を確認する書類

大使館は以下の書類を要求することがある

ノンイミグラントビザ ロングステイ(O-A)

タイに50歳以上の日本人がロングステイするためのビザです。(以下はタイ王国大使館のサイトから転載)

・申請者本人申請
・申請者は申請時に満50歳以上
・申請者はタイ王国の入国禁止者リストに入ってないこと
・申請者は日本、または国籍を有する国、居住国においてタイ王国の治安を脅かすような犯罪歴がないこと
・申請者は日本国籍者もしくは日本で永住権をもつこと
・申請者は仏暦2535年の省令に定められる禁止疾患、すなわち、ハンセン病、結核、麻薬中毒、象皮病、第三期梅毒ではないこと
・申請者はタイ王国で就労禁止
ノンイミグラントO-A(ロングステイ) 申請料 マルチプルエントリー22,000円
大使館は面接を要求する場合がある。ビザ手続きの時間を十分に踏まえて渡航の計画をたてること。

申請に必要な書類

1. 有効な旅券 (有効期限1年6ヶ月以上のもの、査証欄の余白部分が1ページ以上あるもの))

2. 申請書 全ての欄を記入し、申請者が署名したもの 原本とコピー2部

申請書はパソコン上でタイプすることができます。
必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。
大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。
手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

3. 申請者カラー写真4枚(3.5×4.5cmサイズ)*申請書に張り付けてください

4. 経歴書  全ての欄を記入し、申請者が署名したもの 原本とコピー2部

経歴書はパソコン上でタイプすることができます。
必要な情報を空欄にタイプして下さい。英語でタイプし、大文字を使って下さい。
大使館は作成した申請書はインクジェットプリンターでプリントすることをお勧めします。
手書きの申請書も受け付けることが出来ますが、ビザ申請時にお時間をいただく場合があります。

5. 航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日の記載必要 コピー3部

関連記事

ページ上部へ戻る