タイ長期滞在

タイ長期滞在ビザ

タイ長期滞在

タイに長期滞在を希望する方が増えています。
タイに滞在するためのビザにはいくつかあります。

  • リタイアメントビザO-A (ロングステイ)
  • ノンイミグラントビザO(タイで正規労働する外国人の配偶者/扶養家族)
  • ノンイミグラントビザO(タイ人の配偶者/扶養家族)
  • ノンイミグラントビザO(年金受給者)
  • ノンイミグラントB(3年)
  • ノンイミグラントB(教師)
  • ノンイミグラントB(就労)

などがあります。

タイに長期滞在を希望する場合には、50歳以上で条件を満たす人に交付されるリタイアメントビザがあります。
50歳未満の場合は、長期滞在を可能にするビザはなく、ビザの更新やビザの再取得が必要になります。

しかし、タイに長期滞在でき、申請手続きも簡単なものもあります。

それがタイの国家メンバーシップ、タイランドエリートです。

タイランドエリートで可能になる長期滞在

メンバーは最長20年の滞在が可能になる長期マルチプルビザの発給を受けることができます。

タイランドエリートはタイの法律に基づいて、タイ国政府観光庁100%出資の子会社(資本金10億バーツ)の国営企業が運営する国家プログラムです。タイへの長期滞在を可能にし、タイでの特別な滞在を楽しんでいただくために作られたメンバーシップです。

タイランドエリートのメンバーには、5年マルチプルビザ(最長20年)が発給されます。

このビザの特徴は
1 年間何回でも入出国が可能
2 一回の入国に際し、1年まで滞在が可能。(更新も可能)

また、すべての外国人に義務付けられている90日レポートもメンバーサポートが代行いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る