タイのビザを取得

5年マルチプルビザ タイ

タイのビザを取得

 

タイ政府が発給するビザには、3種類あります。

ビザの種類の主なものは以下の通りです。(タイ王国大阪総領事館HPより)

▼観光ビザ

観光を目的とする場合

▼トランジットビザ

✓ タイを経由して第三国に行く場合(全ての経路の航空券を所持し、12時間以内の乗り継ぎでタイの空港内に留まる場合はビザは不要)(カテゴリ”TS”)

✓スポーツの試合等に参加する場合(カテゴリ”S”)

▼ノン・イミグラントビザ

以下の目的でタイ国へ入国する場合

就労ビザ ”B”

ビジネス(会議含む)、教師、スポーツ指導、芸術関連のパフォーマンスまたは興行、インターンシップ(教育機関のプログラム以外(有償))など

教育ビザ ”ED”

留学、スタディツアーや視察、プロジェクトやセミナーへの参加、会議や研修会への参加、インターンシップ(教育機関のプログラム(有償/無償)/教育機関のプログラム以外(無償))、僧侶修行など

学術調査研究ビザ ”RS”

NRCT(National Research Council of Thailandへの研究

その他 ”O” 

タイで働く家族への訪問・滞在、タイ国籍の配偶者や子供への訪問・滞在、ボランティア,年金受給者としての滞在など

退職者長期滞在ビザ ”O-A”

満50歳以上の仕事目的以外の方で、長期的にタイへの滞在を希望する方

上記のビザはいずれも短期の滞在に対するビザで、例外的に退職者長期滞在ビザが1年滞在を許可するものです。50歳未満の滞在には長期滞在はなかなか認められず、ビザ申請の手続きも複雑です。

スペシャルツーリズムビザ

これは国家メンバーシップタイランドエリートのメンバーだけに発給されるビザです。
タイランドエリートメンバーに5年から最長20年まで発給されるマルチプルビザで、年間何度でも入出国でき、一回の入国について1年まで滞在が可能です。最長20年の滞在も可能な特別なビザです。

また、タイランドエリート入会の時点で入国管理局の審査も受けているので、その申請もメンバーサポートへの連絡だけで、特に書類の準備も必要ありません。

contact

関連記事

ページ上部へ戻る