ビザラン規制対策に

諸外国からビザなしで多くの海外旅行客を受け入れてきたタイは、ビザが切れる頃に近隣諸国へ旅行し、長期滞在を行ういわゆるビザラン滞在者対策に頭を悩ませてきたようです。
2014年にタイで制定されたビザランを規制する法律は詳細は明らかにされていませんが、1年間に入出国する回数を制限したり、滞在日数を制限したりする内容であるようです。
そのため入国審査で、この次の入国時にはビザを取ってくるように、と入国審査官に告げられて戸惑う方も増えています。
この入国審査官による指導は、コンピューター上に記録され、従わずに入国しようとするとパスポートに”O-I”などとありがたくない書き込みがされたり、最悪の場合入国不可となる場合もあるとのことです。

タイランドエリートのメンバーは、正規の5年マルチプルビザの発給が受けられますので、何の問題もなく滞在や、入出国を行うことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る